« 2008年09月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月27日 (月)

株式会社とれいす 第1回VBM開催

事務局の小林です。

先日10月24日(金)に、株式会社とれいすが第1回VMBを開催しました。
場所はNEC様の本社をお借りして、メンバーはとれいすから春山さん、
NEC斎藤様、池田様、栃木でイチゴ栽培をやられている小島さん、
コーディネーターのETIC.内野、テトラフォース杉浦さん、
ETIC.山内、鈴木、佐々木と、オブザーバーとしてNEC様と
ETIC.数名という構成でした。



Photo_27      

現在春山さんは、実家がある北海道北斗市の野菜をネットで販売し、
地元の農家を活性化すると共に、それを他地域に展開し、
日本の食糧自給率を上げようと取り組んでいるいらっしゃいます。

今回のVBMのアジェンダとしては、
①キックオフ合宿から約2ヶ月間のアクションの報告
②現状の課題の報告とそれに対するアドバイス
以上のような点です。

現在の課題は、今後北斗市で地産地消を目指していくために、
今までのアクションの反省を踏まえて、どう戦略的に手を打っていけるか、
ということです。


Photo_29

ETIC.鈴木からは、北斗市の野菜を販売したその後の展開として、
横展開のモデルを作るのか、または北斗市という活性化のロールモデルを
創ってそれを真似てもらうのか、という問いがありました。
横展開をするならば、そのための分かりやすい武器が必要になってくる、
というインプットもありました。


Photo_30  

また、戦略的に手を打っていくにはどうすればいいかの問いの中で、
ETIC.山内からは『自分がどこまで行きたいのかが定まっていないと、
どの道筋を行くかは分からない。ぶれてはいけないのは、何処まで行きたいのか』
というインプットがありました。

春山さん自身が目指す社会は何かということが大前提にあり、
それによって横展開なのか、モデル創りなのかなどの方法を定めていくことが
大事だということです。そこが定まっているからこそ、そのゴールに向かって
今打つべき手がより明確になり、戦略的にものごとを
決定していけるのだということです。

そのゴールこそが自分の軸になる訳ですが、VBMの最後に、
軸がぶれるのはしょうがないことで、それがぶれるということは、
まだそれに出会っていないだけかも知れない、もしそうなら、
それを無理に言語化してもつらいだけで、逆に逃したくないポイント
を何点か定めて、それと現在までのアクションを見直して、
今後に繋げればいい、というインプットがありました。

今回のVBMで、自分の中にあった新たなキーワードを言語化した春山さん。
現在とれいすの主戦場は北海道で、今後はまた北海道と東京を往復しながら、
事業を進めていかれます。

投稿:by スタッフ 2008 10 27 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2008年10月12日 (日)

オリザ合同会社 プレVBM開催

事務局の小林です。

10月11日に大橋会館にて、オリザ合同会社のプレVBMを開催致しました。
本来はこの日に正式なVBMを開催する予定でしたが、
お声がけしていたメンターの方の都合が急遽つかなくなってしまったので、
NEC池田様、オリザ浅井さん、小平さん、石原さん、
ETIC.山内、伊藤、佐々木、小林で予行演習的にVBMを実施しました。

今回のアジェンダとしては、
①若手農業経営者アンケートの実施に向けて
②文献調査による農業経営者の経営課題の共有
③今後の事業展開の方向性の検討
以上三点があります。

この1ヶ月間で作成したアンケートの実施結果を元に、
どの層にどんなサービスを提供していくかのターゲットのセグメントを行い、
今後の具体的なアクションスケジュールを策定することがゴールとなります。

場所は、キックオフ合宿でお世話になった、
大橋会館を使用させて頂きました。


Photo_53

こちら左奥からオリザ浅井さん、小平さん、石原さん。
右手奥はETIC.山内、伊藤、佐々木、NECの池田様です。

議論の方向として、オリザとして狙いたい層、作るべきコミュニティは何で、
何を求心力としてそのネットワークを作っていくのか、ということでした。
求心力ということでは、ターゲットを単に『成長意欲のある若手農業者』と
するのではなく、『サラリーマンから転職して農家になった30代前半の男性』
というように、狭くセグメントしてみてはどうかというインプットがありました。
そのように狭くすることで、アンケートをする際も自ずと
明確なニーズが把握でき、その結果的確なニーズに基づいた
強いネットワークが形成できるのでは、ということです。


Photo_54

また、オリザが定期的に開催している、若手農業者のネットワークを
創るための『アグリビジネス研究会』にて、いくつか狭く絞った
ニーズごとに分科会を実施したらどうかというインプットも出てきました。

本日のインプットを基に、今回のVBMのすぐ後に開催する、
オリザメンバー全員での合宿にて、最終的な意志決定を行う方向となり、
今回のプレVBMは終了しました。

オリザメンバーは総勢10名、地方に住んでいる方も多いそうです。
代表の浅井さんも三重出身で、今回はこのプレVBMと合宿のために
東京に出てこられたそうです。本当にお疲れ様でした。。。

投稿:by スタッフ 2008 10 12 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック