« 2014年08月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月 6日 (月)

花王社会起業塾2014年度顔合わせ&2013年度イノベーション部門報告会

101日(水)に、花王社会起業塾2014年度顔合わせ&2013年度イノベーション部門報告会が花王本社にて実施されました。


花王社会起業塾は、起業家の事業立ち上げを支援するスタートアップ部門と本起業塾の卒業生のさらなる事業の飛躍のための人材投資を行うイノベーション部門に分かれています。


本日はスタートアップ部門で今年度から支援することになった3名の起業家の顔合わせと、昨年度のイノベーション部門の修了報告会を同日程で行いました。

Img_6369_640x480

 

まずはスタートアップ部門の顔合わせから。

支援する3名の起業家をご紹介したいと思います。

障害を持つ方に働く場と生きがいを提供し、同時に農作放棄地の課題解決に挑む、ごきげんファームの伊藤文弥さん。

 

Img_6270_640x480

 

エクササイズを通して更年期障害に対する正しい知識と予防策を普及させる、ちぇぶらの永田京子さん。

 

Img_6286_640x480

 

母子家庭で育った原体験から共働きの夫婦と潜在保育士のマッチングサービスの立ち上げを検討している、FindSitterの羽根田里志さん。

Img_6314_640x480

 

それぞれどのような思いから社会課題に挑み、その解決のためにどのようなアクションを進めているのかについてプレゼンテーションを行い、花王の社員の方との意見交換を行いました。

Img_6390_640x480

 

続いてイノベーション部門の報告会。

昨年度の支援起業家はスリール株式会社の堀江敦子さん。


スリールでは当初、キャリアを諦めずに仕事と子育てを両立できる人・環境を作るというビジョンの実現に向けて、大学生が共働きの家庭に入ることで、働くことと家庭を築くことがリアルに学べる「ワーク&ライフインターン」プログラムを実施していました。

 

イノベーション部門の支援で右腕として派遣された間瀬友里恵さんの協力の下、子育て支援と学生の成長の両立を目指す体制から『大学生のキャリア教育』を事業の軸に絞った体制へと切り替えることでこれまでよりも多くの学生を受け入れられるようになりました。

 

Img_6344_640x480

 

間瀬さんの報告では、「事業の基盤づくりや代表がいない中での事業運営を経験することで、経営者の目線に立って動けるようになり、当事者の理解もより深まった。」と経営者の右腕としての活動から自身の成長を感じたとのことでした。

Img_6340_640x480

 

堀江さんも、イノベーション部門での成果について、「事業の方向性が定まっただけでなく、プレイヤーから経営者になるということの認識を改めて強く実感した」と間瀬さんとの共働からの気づきについて語っていました。

Img_6356_640x480

 

同じ起業家として数年先を行く先輩の存在が、スタートアップ部門の3名の起業家にも良い影響を与えたようで、会場は熱気のこもった空間となりました。

 

Img_6383_640x480


 

投稿:by スタッフ 2014 10 06 | 固定リンク

NEC社会起業塾キックオフミーティングを開催

92日(火)、929日(月)に、NEC社会起業塾キックオフミーティングがNEC本社にて実施され、各起業家の事業紹介および今後の事業との連携の可能性についての意見交換が行われました。

 

P9024301_640x480_2

 

92日(火)では、地域課題解決型の教育プログラムの提供によりローカル人材の育成を目指すグローカルアカデミーの田阪真之介さん、発展途上国の子ども達に映像授業を届けるe-Education Projectの三輪開人さんが、打ち合わせ。

 

P9024311_640x480_2P9024292_640x480_4

 

929日(月)では、性同一性障害を持つLGBTの子どもたちがありのままで大人になれる社会を目指すRebitの藥師実芳さん、三重県の救急医療の課題解決のため住民啓発運動を行う一般社団法人i-oh-jの良雪雅さんがそれぞれプレゼンテーションを行い、事業の構想や今後の展開についてお互いの理解を深めました。

 

Img_6121_640x480_2Img_6118_640x480_2

 

後日程の会場は、NEC本社にて新しくオープンする、共創型ワークショップスペース」で実施し、活発な議論がおこなわれました。

 

今後もパートナー企業と連携しつつ、社会起業塾は進んでいきます。


さらなる展開にご期待ください!

 

投稿:by スタッフ 2014 10 06 | 固定リンク